本に出会って、考える【Our Shared Shelf】

Our Shared Shelfとは?

JStone / Shutterstock.com

Our Shared Shelf(私たちの共有本棚)とは、「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役や『美女と野獣』のベル役でおなじみの女優エマ・ワトソンが2016年の1月から開始した活動サイトのこと。2ヶ月に1冊(発足当時は月に一冊)課題の本が紹介され、次が紹介される2ヶ月の間にその本を読み皆で感想をシェアするための交流サイトです。

課題となる本は基本的にフェミニズムを含む人権問題に関わるものが中心。残念ながら現在サイトで使える言語は英語のみですが、日本からも誰でも参加できるので、英語でもチャレンジしたい!という方はサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

ダフニ・デュ・モーリア『レベッカ』

クリックでamazonページに飛びます

2018年9-10月の課題本として投票によって選ばれたのは、ダフニ・デュ・モーリエというイングランドの女性作家による『レベッカ』

1938年に出版されたこの小説はモーリエの代表作の一つとして世界的に有名です。もちろん、日本語の訳本も流通しています。「サスペンス映画の神様」とも称されるアルフレッド・ヒッチコック監督が1940年にこの小説を映画化したことでも有名になりました。

この作品が選ばれた理由は、この季節にピッタリなゴシックスリラー小説でありながらも、フェミニズムなテーマを探求する物語であるから。ハロウィーンを待つ秋の夜長に読むにまさにピッタリな作品ではないでしょうか。

Our Shared Shelfで紹介されている本をもっと知りたい!

ここまで記事を読んでみて、Our Shared Shelfで紹介されている本をもっと知りたい!という方のために、最後に過去に課題図書になった本をリストにして紹介します。

小説からエッセイ本まで幅広く取り揃えられています。この中から、秋の夜長のお供を探してみるのはいかがでしょうか?

*(原題)と記してあるものは、原語(英語)では出版されているものの日本語に翻訳されたものがない作品です。

2016年
1月     『My Life On The Road(原題)(道路の上でのわたしの人生)』 グロリア・スタイネム
2月     『カラー・パープル』(The Color Purple) アリス・ウォーカー
3月     『The Argonauts(原題)(アルゴノーツ)』 マギー・ネルソン
4月     『女になる方法ーロックンロールな13歳のフェミニスト成長記ー』

How To Be A Woman) キャトリン・モラン
5月     『オール・アバウト・ラブ: 愛をめぐる13の試論』(All About Loves: New Visions) ベル・フックス
6月     『ペルセポリスⅠ イランの少女マルジ』(Persepolis) マルジャン・サトラピ
7月/8月    『Hunger Makes Me a Modern Girl: A Memoir(原題)(飢えが私をモダンな女の子にした:回顧禄)』 キャリー・ブラウンスタイン
9月/10月  『ハーフ・ザ・スカイ--彼女たちが世界の希望に変わるまで』(Half the Sky: Turning Oppression into Opportunity for Women Worldwide) ニコラス・D・クリストフ & シェリル・ウーダン
11月/12月 『Mom & Me & Mom(原題)(ママと私とママ)』 マヤ・アンジェロウ
2017年
1月/2月  『ヴァギナ・モノローグス』(The Vagina Monologues) イヴ・エンスラー
3月/4月  『狼と駈ける女たち―「野性の女」元型の神話と物語』(Women Who Run With the Wolves: Myths and Stories of the Wild Woman Archetype) クラリッサ・ピンコラ エステス
5月/6月  『侍女の物語』(The Handmaid’s Tale) マーガレット・アトウッド
7月/8月  『美の陰謀 女たちの見えない敵』(The Beauty Myth: How Images of Beauty Are Used Against Women) ナオミ・ウルフ
9月/10月  『Hunger: A Memoir of (My) Body(原題)(空腹:(私の)身体の回顧禄)』 ロクサーヌ・ゲイ
11月/12月  『The Power(原題)(ちから)』 ナオミ・アルダーマン
2018年
1月/2月  『Why I’m No Longer Talking to White People About Race(原題)(どうして私はもう人種について白人と話さないのか)』 レニ・エド-ロッジ
3月/4月       『Heart Berries: A Memoir(原題)(心の実:回顧禄)』 テリース・マリー・メイルホット
5月/6月       『The Radium Girls: The Dark Story of America’s Shining Women(原題)(ラジウム・ガールズ:アメリカの輝く女性達の暗い物語)』 ケイト・ムーア

『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ 』(The Hate U Give) アンジー・トーマス

7月/8月        『ミルクとはちみつ』(Milk and Honey) ルピ・クーア
9月&10月     

ダフニ・デュ・モーリア『レベッカ』

黒木りりあ 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA