国際女性デースペシャル!

KnotitiA.comでは女性に関する問題を一ヶ月特集します。

女性は社会でたくさんの問題に立ち向かっています。3月8日の国際女性デーでは、様々な催しがあります。これらの記事をきっかけに女性問題を考えてほしいと考えています。

 

日本の中だけではなく、世界に目を向けてみましょう。

貧しい国などでは女の子は学校に行くことを許されない場合があります。車の運転が禁止されている国もあります。男性と同じ仕事をさせてもらえない国もあります。女性を家事や育児の労働力としてか見てもらえないこともあります。

私達も直接この問題に関わることがあります。セクシャルハラスメント、通称”セクハラ”は学校でも、職場でも、社会のあらゆるところで問題になっています。国のトップである人や、誰かを引っ張っていく立場である人々が女性蔑視発言(じょせいべっしはつげん)やセクハラをしていた、というニュースは度々問題に上がります。女性蔑視発言とは、女性に対してとても失礼なことを言うことです。

「女性は子供を生む機械だ」この発言は2007年、厚生労働大臣だった柳澤伯夫、という政治家が言いました。この発言は当時たくさんの怒りの意見が出ました。

アメリカのトランプ大統領は数え切れないほどたくさんの女性を馬鹿にする言葉を言っています。政治家になる前も、後も、たくさん言っています。女性に対して「バカ女」という、簡単に言うと「女性を無理やり性的に扱う」というとてもとても失礼な発言をしました。トランプ大統領の昔の発言の一つを訳した発言を詳しく見たい人はこちらの方の記事へ。ただしトランプ大統領の発した悪い言葉がたくさん入っているので、注意してください。意味を覚えても決して使わないでください。

女性の立場は果たして平等なのでしょうか。私達の身の回りでは女性の立場が平等でないと考える人が多くいます。子供の立場ではあまり多くありませんが、大人になるととてもたくさん問題が出てきてしまうのが今の社会です。

樋口夏穂 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA